日本流体力学会 中部支部


新着情報(2017/5/25 更新)


2017/7/19 26回流体サロン

2017/5/24 平成29年度産学連携見学会

2017/4/14 流体力学特別セミナー

2017/4/12 流体力学特別セミナー

2017/3/10 流体力学特別セミナー

2017/1/27 25回流体サロン

連絡先 

HPへのご意見・ご質問等はこちらにご連絡下さい

(メールアドレスはスパム対策として画像となっております.ご了承ください) 




お知らせ

2017/7/19 第26回流体サロン

日 時:2017年7月19() 17301830

場 所:名古屋大学 工学部2号館 232講義室

講 師:今尾茂樹 教授 (岐阜大学工学部機械工学科)

講演題目:「噴流の拡散制御」

概要:噴流の拡がり制御例として,長方形噴流の受動制御(フラッピングノズル),長方形噴流および2次元噴流の能動制御(プラズマアクチュエータの利用)の実験結果を示します.前者では簡単な構造のノズルでフラッピングを生じる条件とそのときの流動を,後者では噴流の拡がり促進だけでなく拡がり抑制効果についてお話しします.

2017/5/24 平成29年度産学連携見学会 (案内PDF)

日時2017524()  13:35~16:25(現地集合・解散)

場所: 三菱重工航空エンジン株式会社(愛知県小牧市東田中1200)

申込み方法: 案内PDFに従って、お申込み下さい。

問い合わせ先: yoshiaki_miyake@aitech.ac.jp (@を半角にして下さい。)

2017/4/14 流体力学特別セミナー (LZH)

日時: 平成29年4月14日(金)16:00~17:000

場所: 名古屋工業大学 2号館 B棟 1階 0212講義室

講師: Prof. L. Danaila, (CORIA, University of Rouen, France)

題目: Similarity of anisotropic, variable viscosity flows

概要: Turbulent mixing is ubiquitous in both nature and industrial applications. Most of them involve different fluids, therefore with variable physical properties (density and/or viscosity). The focus here is on variable-viscosity flows and mixing in density-matched fluids. The issue is whether or not these flows may be self-similar, or self-preserving. The importance of the question stands on the predictability of these flows; self-similar dynamical systems are much easier tractable from an analytical viewpoint. Self-similarity analysis, as first introduced by Townsend, is applied to the relevant transport equations of the velocity field (mean momentum, one-point energy budget equation as well as scale-by-scale energy transport equations- the latter represent the transport of energy at each scale and each point of the flow). Extensions of these equations for the transport of the scalar field are discussed, with particular focus on their mathematical analogy. It is stressed that neither local isotropy nor high Reynolds numbers are necessary conditions for the similarity to be valid. Scale-by-scale energy budget equations are developed for flows in which the viscosity varies as a result of heterogeneous mixture or temperature variations. Additional terms are highlighted, accounting for the viscosity gradients, or fluctuations. These terms are present at both small and large scales, thus rectifying the common belief that viscosity is a small-scale quantity. This will be illustrated with results obtained either experimentally (in a jet) or numerically (in a temporally evolving mixing layer). Scale-by-scale energy budget equations are written for anisotropic, decaying flows, evolving in a more viscous host fluid. It is further shown that the condition of self-preservation is not necessarily satisfied in variable-viscosity jets. As far as round jet is concerned, the jet momentum conservation, as well as the constancy of the Reynolds number along the axis of the jet, cannot be satisfied simultaneously. This points to the necessity of considering less stringent conditions (with respect to classical, single-fluid jets) when analytically tackling these flows and reinforces the idea that viscosity variations must be accounted for when modelling these flows.

2017/4/12 流体力学特別セミナー

日時: 2017年4月12日(水) 17:00~18:00

場所: 名古屋工業大学 3号館2階 機械工学科会議室 (221大会議室) http://www.nitech.ac.jp/access/index.html

講師: Prof. Oleg V. Vasilyev (Skolkovo Institute of Science and Technology, Moscow)

題目: Wavelet methods in Computational Fluid Dynamics

概要: Wavelet methods in Computational Fluid Dynamics is a relatively young area of research. Despite their short two decade-long existence, a substantial number of wavelet techniques have been developed for numerical simulations of compressible and incompressible Euler and Navier--Stokes equations for both inert and reactive flows. What distinguishes wavelet methods from traditional approaches is their ability to unambiguously identify and isolate localized dynamically dominant flow structures such as shocks, flame fronts or vortices and to track these structures on adaptive computational meshes. This lecture will provide a general overview of wavelet methods for solution of partial differential equations and describe different numerical wavelet-based approaches for solving the Navier―Stokes and Euler equations in adaptive wavelet bases as well as provide the background how to use wavelet-based methods for flows in complex geometries. Recent developments such as  space-time adaptive wavelet collocation method for solution of partial differential equations and variational data assimilation problems as well as wavelet methods with mesh and anisotropy adaptation will be also discussed. Perspectives on using wavelet methods for modeling and computing industrially relevant flows will be also given.

2017/3/10 流体力学特別セミナー

日時: 2017年3月10日(金)15:30~17:00

場所: 名古屋大学工学部5号館523講義室

講師: Dr. JIMMY PHILIP (Department of Mechanical Engineering, University of Melbourne, Australia)

題目: Entrainment in turbulent shear flows

概要: The physics of how a turbulent or a seemingly chaotic patch of fluid surrounded by a non-turbulent/quiescent fluid (and separated by an interface) grows with time by entraining the non-turbulent fluid into itself is fundamentally important to understanding and modelling various phenomena in nature and environment, such as, the evolution of clouds, the extent of growth in bushfire plumes, volcanic eruptions, ocean outfalls, saline plumes in the ocean and building ventilations. In this talk we shall focus on the entrainment of three canonical turbulent shear flows, namely, (i) boundary layers that develop over flat plates, (ii) turbulent jets, and (iii) plumes. In each case entrainment is controlled by the large-scale turbulent motions, although the actual entrainment is happening at the smallest of scales. This leads to represent entrainment as a multi-scale or perhaps a multi-stage phenomenon. We see that the net entrainment is driven by the geometric properties of the interface as well as the `entrainment velocity' at the interface, and a proper characterisation of each of these two aspects is important for a fuller understanding of the entrainment phenomenon.

2017/1/27 第25回流体サロン

日 時:2017年1月27() 17001800

場 所:名古屋大学IB館1階 IB014講義室

講 師:木村繁男 特任教授 (学校法人 小松短期大学)

講演題目:「定年になっても気にかかっていること ― Horton-Rogers-Lapwood 問題における対流パターンの選択性」

概要:Horton-Rogers-Lapwood 問題というのはあまり聞きなれない言葉だと思う。しかし、Rayleigh-Bernard対流と言えば多くの人が知っている。Horton-Rogers-Lapwood 問題というのは流体で飽和した多孔質体中で、下方加熱、上方冷却により発生する自然対流のことであり、Rayleigh-Bernard対流の多孔質版である。三十年ほど前に、ポストドックをしていた時、与えられたのがこの問題で、2次元正方形空間で、臨界Rayleigh数を超えたとき最初に発生する単一セルの対流パターンが、さらに温度差を大きくしていったとき(Rayleigh数を大きくした時)、どのように進化するのかを数値計算で突き止めようとするものである。温度差が余り大きくないときは、定常な単一セルの対流が維持される。しかし、Rayleigh数がある値を超すと対流は単一セルではあるが単一周期を持つ振動解に移行する。その後、複数の基本周波数を有するより複雑な振動解へと進化して行く。
 この計算を行っていた時、不用意にRayleigh数を大きくすると、3または5のセルを有する定常解が出現する。単一セルを維持するためには、細心の注意を払いながらRayleigh数を大きくする必要がある。いわゆる解の多重性である。感覚的には単一セルの振動解は、複数のセルを持つ定常解より不安定である。それでは、この経験的な感覚を客観化することができないか。これら複数の解のなかでどれが最も安定なのか。その安定性を定量的に評価することは可能か。これが、その後も時々頭に浮かんでは、消えていった問題である。
 数年前に、擬スペクトル法を用いて、この問題を数値的に検証することを試みた。スペクトル法では、現在出現している対流パターンに対応する波長の固有関数(本問題では三角関数)の係数が最も大きな値をとる。したがって、スペクトル法では系に対して特定の対流パターンを意図的に励起させることが容易である。この性質を用いて、フーリエ係数に意図した対流パターンの擾乱を与えたとき、その係数が時間とともに増加するか、減衰するかにより、現在の対流パターンに対する相対的安定性を判定した。結果はMalkusの最大熱流束仮説を支持するものであった。また、この結果は最近提案されたBejanのConstructal Lawとも整合性を持つものである。

2016/12/7 流体力学特別セミナー  (案内PDF)

日時: 2016 12 7() 16:0017:30

場所: 名古屋大学工学部2号館3階航空大会議室

講師: Prof.  Carlos B. da Silva (IDMEC, Instituto Superior Técnico, Universidade de Lisboa)

Title: Homogeneous vs inhomogeneous turbulence at high Reynolds numbers in Newtonian, viscoelastic and hyper viscous fluids analysed through DNS

問い合わせ先: 渡邉智昭(名大,watanabe@nuae.nagoya-u.ac.jp,「@」は半角にして下さい.)

2016/12/2-3 14回日本流体力学会中部支部講演会 (案内PDF)
プログラム(PDF版)
■企 画 日本流体力学会中部支部
■開催日 2016年12月2日(金)~3日(土) 
     (12月2日(金):講演会・交流会, 12月3日(土):意見交換会 )

■会場  ・講演会
        下呂温泉 温泉旅館会館 (岐阜県下呂市湯之島801-2)
       ・交流会・意見交換会
        下呂温泉 冨岳 (〒509-2207 岐阜県下呂市湯之島898)
               TEL:0576-25-3428   http://www.gero-fugaku.com/

■特別講演
  講師:井門 敦志 氏(鉄道総合技術研究所 風洞技術センター 所長)
 題目:「鉄道に関する風洞実験(仮題)」


■一般講演
 講演時間15分(講演10分、質疑5分) 
  優秀講演賞を選出し、当日表彰します。

【申込方法】以下の項目をE-mailで kikuchi@gifu-u.ac.jp までお送り下さい.
(1) 題目
(2) 氏名・所属 (発表者に○印)  (共著者も含めて全員の氏名・所属) 
 一般講演申込締切日  2016年10月16日(日)
 予稿原稿提出締切日  2016年11月24日(木)(1ページ,詳細は申し込み後に連絡します)

【参加申込】 (宿泊者と講演者は事前申し込みをお願いします)
  以下の項目をE-mailで kikuchi@gifu-u.ac.jp までお送り下さい(「@」は半角にして下さい).
  (1)氏名・所属
  (2)連絡先(電話番号、E-mail)
  (3)一般・学生・男女の区別
  (4)交流会参加の有無・宿泊の有無(宿泊される方は交流会にも参加して下さい。)
  (5)駐車場利用の有無(温泉旅館会館には駐車場がありません。冨岳の駐車場になります)
  (6)その他 ご要望等
 参加申込締切日  2016年10月16日(日)


■参加登録費など
・講演会参加登録費  一般:6,000円,学生:3,000円
・宿泊費(交流会ならびに朝食代含む、和室相部屋) 一般:10,000円,学生: 8,000円
交流会のみ参加の方は7,000円です.


■申込・問合せ先
  岐阜大学工学部 機械工学科 菊地 聡
 E-mail:kikuchi@gifu-u.ac.jp,   TEL: 058-293-2520 企 画 日本流体力学会中部支部

2016/6/3 流体力学特別セミナー  (案内PDF)

日時: 2016 6 3 () 15:0016:00

場所: 名古屋工業大学2号館3階 0232室

講師: Prof.  Tamer A. Zaki  (Johns Hopkins University)

Title: Primary and secondary instabilities of transitional boundary layers beneath free-stream turbulence

問い合わせ先: 玉野真司(名工大,tamano.shinji@nitech.ac.jp,「@」は半角にして下さい.)


2016/7/6 第24回流体サロン

日 時:2016年7月6() 17001800

場 所:名古屋大学ES館1階会議室

講 師:中出孝次 主任研究員 (公益財団法人鉄道総合技術研究所 環境工学研究部 車両空力特性 鉄道力学研究部 計算力学研究室)

講演題目:「トンネル内走行時の高速列車に生じる変動空気力の発生メカニズムの研究」
概要:鉄道車両の高速化および軽量化によって、トンネル内走行時の車両動揺が問題になるようになった。さまざまな要因を検討した結果、空気力の影響が大きいことが分かり、鉄道車両に生じる変動空気力の研究を進めてきた。本講演では、最近実施したラージ・エディ・シミュレーションを用いた変動空気力発生メカニズム解明の研究を紹介する。

2016/1/22 第23回流体サロン

日 時:2016122() 17301830

場 所:名古屋工業大学3号館2階機械工学科大会議室

講 師:小森 悟 教授(京都大学大学院工学研究科)

講演題目:「環境流体力学 現役引退を目前にして」

 

2015/11/20-21 13回日本流体力学会中部支部講演会 (案内PDF)

■企 画 日本流体力学会中部支部
■開催日 2015年11月20日(金)~21日(土) 1泊2日
     ・講演会 11月20日(金)13:30~17:00 (その後、磯はなびへ移動)
            11月21日(土)9:00~12:30(予定)
     ・交流会 11月20日(金)19:00~21:00
       (講演会に先立ち、役員会(12:20~13:20)を開催します。)

■会場  ・講演会(11月20日)
        富山大学工学部 総合教育研究棟1階 多目的ホール(富山市五福3190)
      ・交流会(11月20日)・講演会(11月21日)
        雨晴温泉 磯はなび (〒933-0133 富山県高岡市太田88-1)
               TEL:0766-44-6050  http://www.isohanabi.jp/

■特別講演
  「高速噴流による微粒化(仮題)」
   ㈱スギノマシン 原島 謙一氏

■一般講演
 講演時間15分(講演10分、質疑5分) 
優秀講演賞(2件以内)を選出し、当日表彰します。

【参加申し込みについて】
講演申し込みは、以下の項目をE-mailでお送り下さい。
 (1)題目
 (2)氏名(発表者に○)(所属)(共著者も含めて全員の氏名・所属)
   講演会参加は、以下の項目をE-mailでお送り下さい。(講演される方も以下記入して下さい。)
 (1)氏名
 (2)所属
 (3)連絡先(電話番号、E-mail)
 (4)一般・学生・男女の区別
 (5)交流会参加の有無・宿泊の有無(宿泊される方は交流会にも参加して下さい。)
 (6)その他 ご要望等

■講演申し込み・原稿提出締め切り日
・一般講演申し込み・講演会参加申し込み締切日 2015年10月2日(金)
・予稿原稿提出締め切り日 2015年10月30日(金)
       (A4版1ページ、書式は昨年同様、詳細は申し込み後に連絡します。)
■会費等 
・講演会参加登録費  一般:5,000円
              学生:2,000円
・宿泊費(交流会ならびに朝食代含む、和室相部屋)
              一般:12,000円
              学生:10,000円
交流会のみ参加の方は、一般、学生を問わず7,000円を徴収します。

■申し込み・問合せ先
  富山大学工学部 機械知能システム工学科 川口清司 
  TEL: 076-445-6779
  E-mail:kawaguti@eng.u-toyama.ac.jp


2015/9/3 流体力学特別セミナー  (案内PDF)

日時: 2015 9 3 () 15:0016:30

場所: 名古屋大学 VBL 3F ベンチャーホールhttp://www.vbl.nagoya-u.ac.jp/access.html

講師: Pedro Valente博士 (Instituto Superior Técnico)

Title: Manifestations of non-equilibrium turbulence in periodic box turbulence

問い合わせ先: nagata@nagoya-u.jp



2015/7/17 22回流体サロン

日時: 2015717日() 16301730

場所: 名古屋工業大学号館会議室3

講師: 羽田 哲 グループ長 三菱日立パワーシステムズ(株) ガスタービン技術本部 高砂ガスタービン技術部 ガスタービン統合開発グループ

講演題目: 「産業用大型ガスタービンの設計開発の動向

2015/5/20 平成27年度産学連携見学会     (案内PDF)

日時2015520() 14151630 (14:10 集合)

場所: 核融合科学研究所

申込み方法: 案内PDFに従って、お申込み下さい。

問い合わせ先: masa-inagaki@mosk.tytlabs.co.jp




日本流体力学会中部支部 第14期(2017年度)運営委員

 支部長        

: 

 只熊 憲治

 トヨタ自動車(株)

 副支部長 

: 

 佐宗 章弘

 名古屋大学

 副支部長 

: 

  辻本 公一  三重大学

 委員 

: 

 安藤 俊剛 

 三重大学 

 

 

 飯田 雄章

 名古屋工業大学

 

 

 石原 卓

 名古屋大学

 

 

 伊藤 高啓

 名古屋大学

 

 

 伊藤 靖仁  名古屋大学

 

 

 稲垣 昌英

 (株)豊田中央研究所

 

 

 牛島 達夫

 名古屋工業大学

 

 

 宇高 康員  三菱航空機(株)

 

 

 梅田 良人

 中部圏社会経済研究所(東邦ガス調査部)

 

 

 太田 貴士  福井大学

 

 

 岡本 正芳

 静岡大学

 

 

 越智 章生

 川崎重工業(株)

 

 

 川口 清司

 富山大学

 

 

 菊地 聡

 岐阜大学

 

 

 小松信義

 金沢大学

 

 

 玉野 真司

 名古屋工業大学

 

 

 内藤 隆

 名古屋工業大学

 

 

 登里 卓也

 三菱自動車工業()

 

 

 松島 紀佐

 富山大学

 

 

 三浦 英昭

 核融合科学研究所

 

 

 光石 暁彦

 豊橋技術科学大学



 三宅 慶明

 愛知工業大学

 

 

 森 浩一

 名古屋大学

 

 

 吉野 正人

 信州大学

 

 

 芳松 克則

 名古屋大学

 

 

 渡邊 威

 名古屋工業大学

 監事 

: 

 森西 洋平

  名古屋工業大学



 辻 義之

 名古屋大学

 顧問  今尾 茂樹  岐阜大学

 近藤 継男

 (株)豊田中央研究所

 

 

 後藤 俊幸

 名古屋工業大学

 

 

 赤池 茂

 (株)デンソー




中部地区研究者データベース



過去のお知らせ


以上.
 
HP
へのご意見・ご質問等はこちらにご連絡下さい

 

 

 

連絡先 

: 

466-8555名古屋市昭和区御器所町 

 

 

名古屋工業大学 大学院工学研究科

 

 

牛島 達夫

電話

 

052-735-5358

E-mail

 

 


(メールアドレスはスパム対策として画像となっております.ご了承ください)


Produced by alphaEDIT
c2014 Japan Society of Fluid Mechanics, Chubu branch
All rights reserved